フジミ 1/20 フェラーリ F187/88C & ゲルハルト・ベルガー /1988

【フェラーリ F187/88C 1988 】
デザイナー: グスタフ・ブルナー、ジョン・バーナード
先代: F187(1987)
後継: F189(1989)
エンジン: フェラーリ Tipo033 / Tipo033A(F187/88C) 1,496 cc 90度 V6 ツインターボ ミッドシップ
ドライバー: ミケーレ・アルボレート、ゲルハルト・ベルガー
コンストラクターズランキング: 2位 (2位 マクラーレン・ホンダ MP4/4)

1.5リッターターボ最終年を迎えた1988年、フェラーリはニューマシンを用意せず、F187の改良版を投入した。この年から「ペダル類は前車軸よりも後方に位置する」というフットボックス規定が導入されたが、1987年モデルを継続的に使用する場合に限り、この規定が適用されなかった。テクニカルディレクターのバーナードは翌年に向けて、自然吸気V12エンジンとセミオートマチックギアボックスを搭載するテストカー639の開発に専念していた。ターボエンジンへの規制がより厳しくなり、過給圧が2.5バールに制限されたため、出力は予選では630馬力、決勝では620馬力に減少した。F187/88Cは、シャシーナンバー102から104までの3台が製造された。

【ゲルハルト・ベルガー /1988】
ドライバーズランキング: 3位(1位 マクラーレン・ホンダ MP4/4 アイルトン・セナ)
獲得ポイント:41
優勝回数:1回

フェラーリに残留、この年はマクラーレン・ホンダが圧倒的な強さを見せたシーズンとなったが、そんな中でも多くのGPにて、予選でマクラーレン勢の真後ろである3位グリッドをキープしており、また昨年に比べてマシンの信頼性が大幅に向上したため、コンスタントに入賞していた。また第8戦イギリスGPでは、この年マクラーレン勢以外で唯一となるPPを獲得している。加えて、予選でアルボレートに全勝し、決勝でも先行を許してゴールしたのは第7戦フランスGPのみであった。
エンツォ・フェラーリが死去して間もない時期に開催された第12戦イタリアGPでは、トップを快走していたアイルトン・セナが、残り2周で周回遅れのジャン=ルイ・シュレッサー(このGPだけのナイジェル・マンセルの代役)と接触しストップ。2位にいたベルガーが、フェラーリの地元GPにて最後の最後で繰り上がるかたちで「弔い合戦」を制した。この際、2位にはチームメイトのアルボレートが入り、チームとしては1-2フィニッシュとなったこと、結果的にこの年マクラーレン勢以外が記録した唯一のものとなったことなども、「記憶に残る勝利」として挙げられる要因となった。
優勝以外でも4度の表彰台を記録するなど、実質的なチームのエースとして活躍。ランキングではマクラーレンの二人に次ぐ自身最高となる3位に入った。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。